オニイトマキエイ


12月26日

昨日からの雨・・・・・・ 夜中も降り止まず、風も強くなってきました。
隣家の雨戸がガタガタガタ・・・・ で目が覚めた。


やっぱ不景気?
宮古⇔那覇の航空券の手配をしていて、何気に羽田⇔那覇⇔宮古の
年末・年始空席状況を検索していたら・・・・・・・ ナント!全日空席あり。
更にナント!! 羽田⇔宮古 直行便までもが空席あり。。。。
(ちなみに、羽田⇔石垣も同様)

私が通っていた頃からすれば考えられない状況。
発売日にはパソコンにしがみつき、四苦八苦して確保していたゴールド
チケット・・・・・ なのに今年は。。。。。 ヒマな訳けだ。。。。。












海に出て行くショップさんも少ないので、先日掲載されていた「今が旬」
なマンタのお話を。

マンタ (オニイトマキエイ)



 (記事・写真提供:カラカラ先生のダイビングスクール宮古島)
            http://www.cosmos.ne.jp/~karakara/

 クリックすると元のサイズで表示します

巨大な体躯で、魚類の中でも最大級の大きさ!
成長すると3〜5mくらい。
ですが今まで発見された中で
一番でっかいヤツはなんと8mの子も!
ちなみにマンタの大きさを測るときは 
縦(頭から尻尾の先まで)ではなく
横(左右のヒレの端から端まで)らしいですよ♪

捕食中は口の両側にあるヒレを使って
えさであるプランクトンなんかを
口に流し込んでいます↓

 クリックすると元のサイズで表示します

なんと、このヒレは自由自在に
動かす事ができ高速で泳ぐ時は
クルクルに丸めたりもするらしいですよ!
その瞬間、ぜひ見たい〜〜!
そして、マンタが他のエイと大きく違うのが
「口のある位置」
他のエイが体の下側にあるのに対し
マンタは体の正面にあります。

コレはえさのちがいで
マンタは口が正面にあったほうが
プランクトンを吸いこみやすいからだそうです
一方他のエイは水底にいる魚の上に
覆いかぶさって食べるため
口は体の下側にあるそうです。

マンタのながーーーい尻尾には
毒のある針はないので安心して
近寄れる時は近寄ってOK!

宮古では絶対見れる〜っというポイントは
ありませんが思いもせずに見るマンタの
感動は大きいもの♪
これから一日一日期待して潜りたいと思います!




 

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

archives

links